Home > レポート > eコミュニティ・プラットフォーム研究会(第1回)

eコミュニティ・プラットフォーム研究会(第1回)

●2004年8月20日(金)15:00?17:00
於 慶応義塾大学三田キャンパス 北第2会議室

 慶應義塾大学SFC研究所の、eコミュニティ・プラットフォーム研究会第1回にSCM地域メディア研究会のメンバーが参加しました。eコミュニティ・プラットフォーム研究会は、『ネットワーク社会における地域社会の新たな公共の実現、協働による新たな地域コミュニティの形成と地域振興、ならびに安全・安心のまちづくりを支えるための「eコミュニティプラットフォーム」に関する共同研究プロジェクト』であり、2004年度は以下の研究テーマを持っています。

1 札幌市(北海道)

 テーマ:市民記者による地域振興プロデュースに関する研究

2 藤沢市(神奈川県)

 テーマ:市民電子会議室、市民参加型WEB-GIS、地域ポータル等のコミュニティウェアによる新たな市民自治・地域コミュニティ形成に関する研究

3 島田市(静岡県)

 テーマ:ネットワークコミュニティ形成と地域の安全・安心に関する研究

他に、千代田区(東京都)における地域プロデュースを担う区公社によるネットワークコミュニティ形成に関するケーススタディ等を予定しています。

概要

e コミュニティ・プラットフォーム研究会には、各ケーススタディのキーマンとしてSCM地域メディア研究会のメンバーが参加しており、また研究主体である慶應義塾大学SFC研究所のほか、協力機関である(株)NTTデータシステム科学研究所、(株)三菱総合研究所からも本会メンバーが参加しています。研究の趣旨が、SCM地域メディア研究会の設立趣旨とも一致することから、本会としても可能な限り、人的支援、情報提供等の協力をしていきたいと考えるところです。以上、eコミュニティ・プラットフォーム研究会からの要請で、SCM地域メディア研究会の状況説明のため参加「

報告者:三重県 田中幹也

Home > レポート > eコミュニティ・プラットフォーム研究会(第1回)

Search
Feeds

Return to page top